名古屋,岡崎,八事,星ヶ丘,大曽根の予備校・塾なら武田塾

早慶・名古屋大学・名工・愛教・名市・南山・医学部に奇跡的な逆転合格を続出する1対1 個別指導塾 武田塾名古屋校,岡崎校,八事いりなか校,大曽根校のブログです。実に塾生の88%が偏差値11以上UP!名大・早稲田・慶応・MARCH・南山・医学部・愛教大・名古屋市立大に合格したい方、ぜひ見て下さい!

◆ホーム > 武田塾の基本勉強法(その二)

武田塾の基本勉強法(その二)

具体的な過去問の解き方

武田塾名古屋校・岡崎校 は、予備校とは違い、授業をしない塾、1冊を完璧に!など色々な特徴があり、1対1 の 完全 個別指導 で、志望校への逆転合格を目指す 学習塾です。

この記事では具体的にどうやって過去問を解けば成績があがるのか、と書いていきたいと思います。

過去問は大事なことは自分でなにがわかっていないかを知るためにやります。

なにがわからないのか知ったとき、それを直す期間(=修正期間)があなたの合格力を飛躍させます。

この“修正期間”に関しては【現役生はなんで直前期に成績が上がるの?“直前期神話”の正体】という記事を読んでみてください。



では成績をあげる過去問の解き方の手順書いていきます。 分けると7ステップに分かれます。

①制限時間内で全力で解く。

②制限時間内で終わらなかった場合、時間を延長して解く。

③解いた直後に、わからなかった文章、単語、表現、部分(パラグラフ)、自信のなかった設問などに印をつける。

④解答解説を読み、○×つけをする。

⑤間違えた部分を中心に、理解する。

⑥内容を全て、自分のものにするために再構築、記憶をしよう。

⑦設問の意図、解けなかった部分、自分の得意不得意を考えて、もっとも効率的な戦略を考える。

⑧これを次の年に生かす。他の大学にいかす。志望校の決定にいかす。



このステップを踏むことがものすごく重要です。 各ステップの説明をしていきます。

①制限時間内で全力で解く。          

・どこから手をつけたほうが得点率が高いかをこだわりましょう

簡単な設問から取り掛かりましょう。難しい部分は時間をかけても正解しないかもしれないですが、簡単な部分は時間をかけただけきちんと点数になるものなので、簡単なものからとるべきです。

⇒Q.残り時間わずかで、記述問題と記号問題が残った。得点配分は同じ。難易度も同じ。さあ、どっちを解く?

A.記述問題を解くべきです。理由は、記述問題を空白にして、記号問題しか終わらなかったら、点数が記述のほうは入らない。しかし、記述を書いて、記号を5秒で選んだら点数が入るからです。こういう視点はかなり重要です。

つまり、どう時間配分をすればもっとも正解を多く解答できるかをこだわり、それを検証していく。こういう視点を持って過去問に挑むことがあなたの合格力を飛躍させます。


②制限時間内で終わらなかった場合、時間を延長して解く。     

・緊張感は同じで、10~30分延長しよう。

得点には含めないようにしましょう。制限時間内で答えた回答とは別に書き記してください。

・これをする意図は、どの設問の正解率が高いかを検証し、どこの設問から手をつけるべきかを知るためです。


③解いた直後に、わからなかった文章、単語、表現、部分(パラグラフ)、自信のなかった設問などに印をつける。

重点的に復習する部分を明確にするためです。

・自信を持って正解した問題に時間を使わないようにしましょう。


④解答解説を読み、○×つけをする。         

⑤間違えた部分を中心に、理解する。       

【長文・会話問題の場合】

・ある程度内容を理解しているときに、いきなり解答解説を読んでもいいですが、 あまり本文を理解していないうちに解説を読むと処理能力を超えて意味わからなくなることが多いです(本文が理解できていないのに、その設問の解説を理解するのは二重に難しいから)。そのため、本文がある程度理解できたなら、いきなり解説から読み、本文がわからなかった場合は、全訳を読んだり、わからない部分を読めるようにして、本文をある程度理解した状態(通読して内容がわかる程度)までしてから解説を読みましょう。

設問が問う問題の意図、プロセスを感じましょう。同じ問題、同じ文章は出ません。 しかし、解答を導き出すプロセスは同じことが大いにありえます

どうして間違えたのか、どうやれば答が出せたのか、作成者はどういうことを聞いてきたのか、なにで間違えさせようとしてきたのかを考えてみましょう。

間違えた問題は必ず解き直し、解答のプロセスを再現しましょう

同じ問題で解きなおして、答をだせなければ、新しい問題で高得点が叩きだせる見込みはありません

・長文の参考書の復習をするときと同じように、わからなかった「文」「単語」「イディオム」「パラグラフ」「背景知識・一般的な語句」のそれぞれのレベルで全問正解にしましょう。

わからなかった部分には印をつけて、必ず復習できる形に持ち込めるようにしましょう。

そして復習を欠かせないようにしましょう。 チェックしたら、本文をはじめから通読して、大意がつかめるかやってみましょう。

このときに英語の処理能力が上がり、成績が一番伸びます。 (本文がわからなかった場合、このプロセスを終えてから解説を読みましょう)


【文法問題の場合】

自信のない部分と×だった部分の解説を読み、知らなかった知識を吸収しましょう。解きっぱなしにならないように、その日のうちに1回できるようにして、また日を改めて文法の設問を解くか、別紙に知識部分だけでもまとめておきましょう。 (文法の暗記事項はまとめられるが、設問を写さないといけなくなることもあるかもしれないので、日をあけて間違えた問題だけを解くことが効果的です。)

⑥内容を全て、自分のものにするために再構築、記憶をしよう。   

⑤でも書きましたが、一度解けるようにしましょう。復習できる形に持ち込んで、学習すべき事項をしっかりと絞りましょう。 ただ漫然と見つめたりしないでください。(見るだけで覚えられる人はそれだけでOKです!)

⑦設問の意図、解けなかった部分、自分の得意不得意を考えて、もっとも効率的な戦略を考える。

【弱点分野を見つけて、そこを埋める!】

単語が足りない、構文力がない、会話表現を知らない、時間が足りない、文法が弱い、英作文がヤバイなど。

自分が最も得点を失う原因を考えて、その部分の参考書を増やすことや、復習する、授業で習うなどしてそういった部分を潰してください。


【正解率の高い設問、低い設問、これから解けるようになりそうな設問、かわらなそうな設問を考えて、もっとも効率的な設問の解く順番を考えよう】

なんとなく解けたとしても、それはそれで才能のうちだったりしますので、正解率の高い設問から解くようにしてください。

難しいものは、残り時間でがっつり解くのが重要。でも、そこの得点配分があまりにも高ければ要検討。判断基準は「どこに時間をかけることが一番点数が高くなるのか?」ということ。 同じ設問の中でも、「並び替え問題が以上に時間がかかって、しかもいつも間違える」ということであればその設問を飛ばすべきです。大問、小問ごとにもっともいい時間配分を考えよう。 今後伸びそうな分野を見つけたら、そこの対策の優先順位をあげよう。


【ゆっくりやれば解けたのか?ゆっくりやっても解けなかったのかを検証せよ!!】

これはものすごく重要です。武田塾では「志望校の出題レベルまでの武器(=知識)を揃えて、演習に入る」と書いていますが、それができていない場合があります。

どういうことかというと、ゆっくり解いても解けない、解説を見ても「あー!こうやるのか!」と思えない場合、明らかに参考書なりテキストなりの知識が足りていないということがある、ということです。

もちろん全ての問題で自分のレベルにあっていなければならないというわけではないが、解説を見て理解できなかったり、今まで学んだレベルのものでなければ、まだ揃える武器があるということであるから、演習しても意味が無いということになりかねません。

過去問はアウトプットの練習にもかかわらず、インプットされていないという状態は一番危険な状態です。

頭に入っている知識が十分揃っていても、入試の設問どおり取り出せるかどうかはわかりません。

しかし、頭に入っている知識が足りないのであれば、100%でてくるわけはないのですよね?

あなたはそういう状態になっていないかこの段階で考えてください。


⑧これを次の年に生かす。他の大学にいかす。志望校の決定にいかす。 


・出題傾向・設問の種類は同じ大学学部で同じものが続いている可能性があります。そのため、解いた年で培った反省を他の年度にいかして、高得点をとれるようにしましょう。

・こうやって解いていると、「自分は英作文はどうやってもできないようだ」「下線部和訳は完璧だけど、内容一致はどうしても間違えるみたいだ」「自分には多義語が足りない!」などと得意不得意がわかってきたりします。もちろん、第一志望にあわせてこの得意不得意を調整していくわけですが、その得意不得意から志望校の決定もできるわけです。「早慶いければどこでもいい!」という生徒なら、得意な問題しか出ない学部を受験すればいいのです。
このようにしかるべきステップを踏んで合格へのさらなる一歩を踏み出しましょう!


→武田塾(名古屋校)を”もっと知りたい方”はこちら!

刈谷・岡崎・豊田・安城・知立・豊橋・蒲郡・豊川・大府の方も武田塾で逆転合格。

アクセス
名古屋・愛知・刈谷で、予備校・学習塾なら、
武田塾名古屋校(逆転合格の徹底 個別指導 学習塾)
JR名古屋駅から徒歩2~3分・名鉄新名古屋駅・地下鉄名古屋駅徒歩5分
 ↑↑↑具体的な行き方は、こちら
電話:052-551-6020
メール:nagoya@takeda.tv
受付時間
13:30~21:00

武田塾岡崎校(逆転合格の1対1個別指導塾)
愛知県岡崎市明大寺本町4-14 太田ビル4F
名鉄東岡崎駅 北口から徒歩1分(JR 岡崎駅もバスでどうぞ)
電話:0564-64-5776
メール:okazakiko@takeda.tv   
受付時間 13:30~21:00(日曜休)   

出来ない受験生におススメ|英語長文の勉強方法

長文の勉強方法に関して説明していきます。

1、 長文を読み問題を解く。読みながら、わからない部分にあらかじめ「/」をつけておく。

制限時間はそこまで気にしなくてOK!
長文を読む際、わからなかった部分にはあらかじめ「/」をつけておきましょう。
わからない単語が出てきたら「/」を、わからない熟語が出てきたら「/」を、わからない構文・文や段落があれば「/」をつけておいてください

わからなかった部分と分かった部分を明確にすることによって、学習をスムーズに進めることができます。

また、読解の制限時間は基本的に気にしなくてよい。
早いに越したことはないが、基本的に問題集に掲載されている制限時間はあくまで「理想」であり、「本番ではこのくらいの時間でとかないとうかりませんよ!」という時間です。

まだ参考書で学習している段階と言うのは、あくまで「練習段階」なので時間に間に合うわけがない。
そのため、スピードよりもしっかりと読みこむことを重視してよい。

もちろん、早く出来るのであれば早い方が良いので、設問が正解できるのであれば早さに挑戦すること。


2、 「/」の部分を中心に、解答解説を読み、/の部分の知識を別紙やカードにまとめ、全問正解にする。

「/」のついている部分は単語、熟語、文法、構文などで分からない部分があったから「/」ついているはず。

なぜその部分が分からなかったのかの原因を突き止め、その内容を紙にまとめるなどして覚えましょう。

英単語の覚え方と同様、必ず一回正解にしましょう

この場で言えるようにならなければ、模試や本番でその知識がアウトプットできるわけがないからである。必ずその場で覚えてしまいましょう。


3、 通読しなおし、つっかかるところがないか調べる。

つっかかったとしたらそこはまだ覚えていないということです。だから覚えなおす。
もう一度通読し、それでもわからない部分があればその部分が忘れた部分であったり、
確認し忘れた部分であったり、覚え損ねた部分である。

その部分をもう一度確認し、覚えなおし、スムーズに読めるようにすること。


4、スムーズに読めたらクリア。ひっかかる部分があれば、その部分の覚えなおし。

長文は知識の総力戦であり、長文で読めなかった部分、わからなかった部分と言うのは
「単語・熟語・文法・構文」レベルでなにかしらわからないことがあったため
であり、そのわからなかった知識をそのレベルごとに全問正解にするのが目的。スムーズに読めるということは、さっきまでつっかかっていた部分の知識がついた証拠になる。


5、本分の読みなおしは2回、知識は5回以上復習すること。

復習は1~3週間後、いずれの時でもいいので本文を一回通読し、突っかかった部分を再度復習することと、

別紙にまとめた知識に関しては何度も何度も復習し、だんだんと覚えにくいものだけをまた紙に集めてそれだけを常に復習するようにしよう。
本文は2回知識は5回程度復習するのが理想です。
読みなおしは数週間後に2回(例えば2週間後に1回読み返し、またその2週間後ぐらいにもう1回読む)

知識は英単語の覚え方のように忘れないように何度も回し、定期的に復習し、5回ぐらいはやること


◆長文勉強方法まとめ
レベルにあった長文を読む
わからない部分に印をつけておく
制限時間が間に合わないなら延長OK
解答解説を軽く読む
チェックした知識や文、段落を中心に理解を進める。
本文がほとんど理解できなかった場合のみ、全訳をしっかり読みこむ。
知らなかった知識を覚えるためにまとめ、覚える!
ルーズリーフなどにまとめよう!とにかく覚えられるように持ち込むこと!
一回全問正解にすること。
全文通読して、ひっかからないか?を確認。


いつどのくらい復習すればいいですか?
 
数週間後に本文は2回読みなおし、 知識は覚えるまで最低5回は復習しよう!

→次の『現役生はなんで直前期に成績が上がるの?“直前期神話”の正体』に進む!

→武田塾(名古屋校)を”もっと知りたい方”はこちら!

刈谷,大府,豊橋,安城,尾張旭,日進,三好,一宮,岡崎,豊田,知立,稲沢,江南,犬山の方も逆転合格の武田塾へ。

アクセス
名古屋・愛知・刈谷で、予備校・学習塾なら
武田塾名古屋校(逆転合格の徹底 個別指導 学習塾)
JR名古屋駅から2~3分・名鉄新名古屋駅・地下鉄名古屋駅徒歩5分
 ↑↑↑具体的な行き方は、こちら
電話:052-551-6020
受付時間
13:30~21:00

武田塾岡崎校(逆転合格の1対1個別指導塾)
愛知県岡崎市明大寺本町4-14 太田ビル4F
名鉄東岡崎駅 北口から徒歩1分(JR 岡崎駅もバスでどうぞ)
電話:0564-64-5776
メール:okazakiko@takeda.tv   
受付時間 13:30~21:00(日曜休)    
お電話はこちらです!
武田塾名古屋校←行き方はこちらヽ(^o^)丿
Tel:052-551-6020
受付時間:13:30~21:00(日曜休)

武田塾大曽根校←行き方はこちら
Tel:052-982-6603
受付時間:13:30~21:00(日曜休)

武田塾名古屋星ヶ丘校←行き方はこちら
Tel:052-734-7750
受付時間:13:30~21:00(日曜休)

武田塾八事いりなか校←行き方はこちら
Tel:052-746-1113
受付時間:13:30~21:00(日曜休)

武田塾岡崎校←行き方はこちらヽ(^o^)丿
Tel:0564-64-5776
受付時間:13:30~21:00(日曜休)
武田塾元塾生(卒業生) 山火のはなし


武田塾塾長×ノンスタイルの対談

武田塾×ノンスタイル漫才|大学行きたい

武田塾×ノンスタイル漫才|〇〇しない
カテゴリー
記事検索
逆転合格専門塾|武田塾名古屋校のTwitterデス!名古屋・愛知・岐阜や三重の受験生・中学・高校の皆さんに独学の勉強方法をtweetしています!このtweetでE判定から逆転合格しよう!(大幅に成績UPしよう!)
  • ライブドアブログ